直接土地を買い取ってもらうデメリット

複雑な手続きが必要ないと言ったことや、すぐに土地を現金化できるというメリットが業者に直接土地を買い取ってもらう場合にはありますが、土地を個人で売るとなると手続きが複雑になることに加えて、問い合わせの対応に追われてしまう場合があり、一般的に土地は価格が高いことから問い合わせがあったとしても売れる確率というのは少ないのが現状なので、このような場合は直接土地を買い取ってもらう方法にメリットがあると言えますが、直接土地を買い取ってもらうということで本来の土地の価格に多くの手数料が付加されることになるため、個人売買よりも土地の売却価格はかなり少なくなるというデメリットがあります。
すぐに現金が必要と言った理由で、土地を売り急いでいる場合には直接不動産業者に土地を買い取ってもらう方法がスピーディーで面倒な対応や手続きも必要ないため、業者から直接買い取りが良いといえますが、そうでない場合は個人売買や仲介による取引で様子を見てから直接買い取りにするかどうか考えるのが賢明です。
土地は法律による規制が多いのが普通ですが、土地によっては家を建てられないようなところもあるので、住宅や分譲地を目的に土地を買い取ろうとする業者によっては本来の目的に沿わない場合もあり、このような状態で土地を直接買い取ってもらう場合は土地の買い取り金額も大幅に下がってしまうため、個人や仲介業者に依頼して買い取り手を探すのが良いといえます。
マンションならこのサイト

ページの上部へ